AKUDOKU

トップページ

SHARE

不動産投資について、なるべくお金を使わずに済ませて利回り上昇!!(不動産投資を考えているかたは是非見て頂きたい記事です。)

 不動産を購入するに当たっては、必ず諸費用がかかります。例えば、不動産購入の際に不動産会社に支払う仲介手数料、不動産登記に対して司法書士に支払う報酬金、購入後のリフォーム代金、固定資産税、不動産取得税などです。

 税金、不動産会社に支払う手数料については、減らすことは出来ませんが、リフォーム代金、不動産登記に対する報酬に対することについては、工夫次第で節約することが出来ます。

 是非、この記事を見てくれているかたで、「不動産投資を考えている」人などがいましたら参考にしてください。

 私の話ですが、2014年3月に母親が亡くなりました。そこで母親が持っていた逗子マリーナのリゾートワンルームマンションを相続することになりました。

 今まで母親名義でしたので、これを自分の名義にしなくてはいけません。そこで実家の近くにあった「司法書士」の事務所に相談に行くことにしました。

 そこで、所有している不動産の広さ、築年数、登記状況などをヒアリングされ、「だいたい報酬料金、登記に対する税金(市役所に支払う税金です)としては、合計で15万円程度」と案内されました。

 この報酬料だけだといくらになるのか?と聞いたところ、なんと9万円~10万円程度かかるらしいです。「そんなに難しい手順なのかな?」と思い、この不動産登記に関することをインターネットで調べてみました。

 そうすると、相続の際の名義変更手続きについて提出するべき書類のフォーマットがインターネットのWEB上にアップされていることがわかりました。

 しかも、専門的な知識もそこまで要らず、少し読み込みをすれば、私でも作成できそうです。詳しい内容は、長くなるので省きますが、「手間がかかった。」と思った作業は、不動産を相続するに当たって、母親の生まれた時から死亡までの経歴が載っている「戸籍抄本」を取り寄せることぐらいでした。(私の母親は島根県出身でしたので、これは役場に電話をして、取り寄せしました。)
 書類作成については、そこまで難しくなかったです。全てフォーマットがあるので、それに沿って作成するだけのもので、1時間程度で作成し終わります。こんな簡単なことで司法書士は、7万円~8万円も報酬金としてもらえるんだな・・。と思いました。

 私は、全て自宅にあったPCを使用し、ワードで書類を作成しました。後日、逗子市を管轄している横須賀市役所に行き、書類を提出しました。この市役所の担当者に聞くと、最近は、自分で作成して、持ってくる人も増えていると言っていました。専門的なことだと言っても、全て任せっきりにするべきではありませんね。出来るところは自分でやる。そのことで数万円も節約できるわけですから。

 ちなみに、この市役所にいる担当者に提出書類をチェックしてもらましたが、慣れていない人が対応した為、少し作成部分に誤りがありました。
(被相続人、相続人が把握できる家系図を作成したのですが、記載されている「名前」が、サンプルフォーマットの名前のままでした。)

 これは、後日、不動産登記証明書を取りに行くときに「訂正印」を持ってくるようにと言われ、これで対応しました。

 取得後の「リフォーム」についても、同様のことが言えます。例えば、壁紙の張替えなどは、業者に頼んだ場合、数万円単位のお金がかかります。しかし、これは自分自身で、「ホームセンター」に行き、そこの従業員に相談をすれば、壁紙を張り替えるに当たってどのような材料を買えばよいのか?など色々と教えてくれます。

 自分でやってみるとわかりますが、この壁紙張替はそこまで難しくないです。不器用な私でも、ホームセンターの従業員に「コツ」などを聞いて、出来ました。これは自分でやって欲しい部分ですね。

 後は、水道、ガス、電気関係などは、自分ではできないこともあるので、そこはプロに任せたほうがいいのですが、これもやはり「業者」によって、工事金額も「ピンキリ」ですので、是非とも、業者間で比較するといいかもしれませんね。