AKUDOKU

トップページ

SHARE

副収入との出会い(FX収入編)

FXとの出会いは、2007年の7月でした。当時、雑誌などで「投資を何も知らない主婦が何千万円以上FXで儲けて、儲け分を申告しないで、脱税をした。」といった内容があり、「こんなに儲かるんだ・・。」と思ったのがきっかけでした。

最初に開設したのが、「為替ドットコム」でした。投資金額は20万円、最初に始めたのは、南アフリカランドでした。この通貨は、当時7%以上の金利があり、ほっておいても金利(スワップ)が毎日のように入ってくるため、「値下がりしてもほっておけば、金利が入ってくるからいいかな・・。」と軽い気持ちで購入しました。

今でも覚えていますが、購入した翌日に大暴落。当時は、1ZAR=16円位の時に2万通貨を購入しましたが、僅か1日で2円ほど下落しました。(理由は忘れましたが・・。)

「何で、購入した翌日に値下がるんだよ!!」と怒りを覚えた記憶があります(笑)
しかし、値下がった時点で、資金的にも余裕があったので、更に2万通貨を追加購入。要するに※「ナンピン」ですね。

※「ナンピン」・・・値下がった時点で買い増しをし、買値の平均値を下げる手法。

 ナンピンをしてから1週間後ぐらいに無事に南アフリカランドは上昇し、確か1万円位の利益が出た時点で売りました。これが最初の儲けです。

 その後、まったく知識もない状態で、「デイトレード」を始めました。その手法は、まったく考え無しでドルを「空売り」して、値下がった時点で買い戻すという無謀な作戦でした。

 しかし、当時は緩やかに円高が始まっており、この手法でも月に3万円~6万円程度の利益が出ました。これに気を良くして、私は、もう一つの高金利通貨であるニュージーランドドルを50万円分購入しました。

 2008年9月のことです。「リーマンショック」が起こり、このニュージーランドドルは大暴落・・。今までの利益は吹っ飛びました。これがトラウマになり、しばらくはFXから遠ざかっておりました。

FXを本格的に再開したのは、2012年4月頃のことです。きっかけは、利用しているポイントサイトの「ハピタス」に「1通貨から始めれる」ということを宣伝にした「SBI FX TRADE」がアップされていました。

「最小の通貨単位から出来るのであれば、試しにやってみようかな・・」と思い、今度は経済指標、チャートの見方などを勉強し、再開しました。主に高金利通貨であるニュージーランドドル、南アフリカランド、オーストラリアドルなどを少しずつ買っていき、値下がった場合は、ナンピンし、買い増すことで買値の平均値を下げていく手法を取りました。この時はすでに円安に流れていたこともあり、この手法で月に2万円程度の利益を上げることができました。

2015年10月までは、この上記の方法で運用をしておりました。この時にとある雑誌で、「ブロードネット」という会社で「トラッキングトレード」(自動売買)を紹介している記事を見つけました。

「この方法を使えば、月に10万円の利益を上げることが可能!!」みたいなことが書いてあり、半信半疑で記事をみました。この自動売買とは、簡単に言うと、「システムが買値・決済値を自動的に決めて、それに従い、売買を繰り返す」ものです。

例えば、現在、ドルが121円だとします。この時にドルにおいて「買い注文」を出すと、システムは、「121円20銭になった時に買い、121円40銭になった時点で売る」、「121円40銭になった時に買い、121円60銭になった時点で売る」、「121円60銭になった時に買い、121円80銭になった時点で売る」といった感じで連続した売買予約を組みます。

ドルの値動きで多いパターンは、「Aの値段」から「A+1円位」を行き来するパターンが多いです。

例えば、2015年12月の時に多かったのは、121円~122円の間を上がったり、下がったりすることが多かったです。そうすると、「値下がった時点で買い、20銭値上がりした時点で売る」という「パターン」を何度も自動的に繰り返してくれるので、ほっておいても利益が出る。という手法です。

この手法であれば、下記のように細かく利益が出せます。

Screenshot_2015-12-29-23-37-45

この手法を取り入れてから、更に月に1万円から2万円程度収入を得ております。(この年末になってからは一方的な円高が続き、全く利益が出ておりませんが・・。)