AKUDOKU

トップページ

SHARE

老後に必要な資金を考えてみました

現在、37歳の私ですが、60歳以降は、生活するにはいくら必要なのでしょうか?

色々、インターネットを見ると、老後に必要な生活資金は夫婦二人で月に26万円と言われているみたいですね。

 

でも、冷静に考えてみると、本当に26万円も必要なのでしょうか?私の場合は、ローンの無い持ち家もある為、普通の人よりは少し有利かもしれませんが、どう考えても、こんなにかかるとは思いません。

 

ちなみに最近の家計簿については、以下の通りです。

 

(全て1か月分で計算しています。)

 

食費      約7万円

日用品     約3万円

医療費     約1万円

保険      約1万円

ガソリン代   約0.5万円

水道光熱費   約2万円

インターネット 約0.5万円

固定資産税   約0.5万円

交際費     約3.0万円

 

合計      約18.5万円

 

ちなみに上記は、家族3人の場合です。老後については、ここから子供が独立して、1人分減るので、更に少なく済みますよね。

 

そもそも、この「26万円」の根拠って何でしょうね?保険会社などが老後の資金を貯める為の貯蓄性のある保険を売りたいがため、高めに出しているとしか言いようがないんですよね。ちなみに私は、今の生活レベルで充分に満足していますし、これより上げたいとも思いません。

 

少し多めに見ても、夫婦二人で、月に20万円かかると計算しても、年間の生活費は240万円となります。

公的な年金が、すごく減って65歳以降は10万円と仮定すると、残りの足りない分は、月に10万円となります。仮に90歳まで生きると計算すると、60歳以降は、10万円×12か月×30年=3600万円必要ということになります。

 

私が60歳になるまで、後、22年間あります。3600万円÷22年=約164万円。これが、1年間に必要な貯蓄額となります。

 

もちろん、これに利息収入、運用収入などが加わりますが、だいたい月に14万円程度の貯蓄が必要ということになります。

 

現在賃貸用の物件を保有していますが、これらはいずれ劣化します。そうなると今の家賃よりも下げなくては借り手が付かなくなりますし、空き家の時期も出ますので、こういったことも考えると、今の家賃収入(月20万円程度)は使わずに、全て貯蓄しておくべきという計算になりますね。

 

先々週、秋葉原で開催された「お金のセミナー」で、老後はどのような生活を送りたいですか?という質問を受けました。

 

私は、「自分が好きと思える仕事を65歳以降も続けて、今の生活レベルを保ちたい。」

と答えました。

 

老後に必要な金額を試算する時点で、考え方が間違っていると思うんですよね。だって、例えば、老後に必要な資金は、60歳以降は、夫婦二人で6000万円と言われているらしいです。

 

しかし、20年後の6000万円は、本当に今の6000万円と同じ価値があるのでしょうか?

 

その為、貯蓄に頼るのではなく、65歳以降も働き続けるという前提で、考えたほうが良さそうです。その為、今から年齢を重ねても、満足感を持って出来る仕事を探しておくことが必要だと思います。

 

正直、20年後がどうなっているかは分かりません。もしかしたら「日本」と言う国が無くなっているかもしれません。

 

世界全体を見ると、人口は増え続けています。ちなみに人口が減り続けている国は、231か国中、23国しかないそうです。

 

日本は、御存じのように高齢化社会と言われており、毎年、人口が減っています。日本の「円」も、現在は円高傾向にあります。しかし、将来的には、国の信用度は落ちることで、間違えなく「円安」傾向になるかと思います。今のうちから、外貨預金(FX)にて資産運用を行っているのもその為です。

 

将来の見えない日本に住んでいる限りは、今から老後のことも考えていかなくてはいけませんね。