AKUDOKU

トップページ

SHARE

2016年1月12日の日記

 本日、朝、一人旅行から帰ってきました。とういわけで、自宅でこの日記を書いております。旅行している間にFXの自動売買がとんでもないことになっていました。1月11日月曜日にドルが急降下し、一時116円台に突入。122円台で購入したポジションが強制決済されました・・・。これで、現在の口座状況は以下の通り。

Screenshot_2016-01-12-11-25-50

これは、50万円以上になるまでは、出金しない方向でいます。これから順調に円安になったとしても、おそらく2か月以上かかるかと思いますが。気長に待ちます。また、スワップ目的で保有しているSBI FX TRADEの南アフリカランドについても、1月11日のドル暴落の連られ安により、一時6.30円台という値段を付けました。この南アフリカランドはリーマンショック時の最安値が7.62円ですから、ものすごい安値であることがわかります。現在は、7円前後をうろついている状態です。

これも、4円前後になると、ロストカットされてしまうんですよね。1980年台は、1ZAR=300円を付けていた通貨ですから、充分4円以下になることはあり得ますね・・。

今、ランサーズの案件で、「南アフリカランド」のFXのことを調べていて、投資している人が集まっている掲示板を見ていると、「1月11日の爆下げで、ロスカット食らった・・。」とか、「上がりそうもないので、泣く泣く損切りした。」などの声がありました。確かに、この下がっている場面で追加投資するは、勇気が入りますよね。でも、私は、下がっている今こそが、投資のチャンスだとも考えています。

もし、このまま南アフリカランドが5円以下になった場合は、追加購入することも検討しています。追加するための余剰資金もまだ、50万円程度残っていますので。

FXで利益が見込めない間は、ハピタス、お財布ドットコムなどのポイントサイトからの収入でカバーしようかと考えています。

そういえば、島根県松江市の旅行中に、大学時代の友人に会う機会がありました。彼は、大学卒業後、東京都内にある某大手不動産会社に勤務し、一戸建ての売買部門で14年間仕事をしていました。彼は昨年、会社を退職し、独立。現在は、島根県松江市内にある一戸建て、マンションを売買する不動産会社を設立し、バリバリに働いております。
彼曰く、「普通の人が買わないような、目をつけてから購入する。そしてリフォームするなどをして、付加価値をつけてから売るというのが基本スタンスだ。」とのこと。実際に彼は、先日、島根県松江市内にある一戸建て(築50年)を競売物件にて200万円で購入し、リフォーム後に600万円で転売しております。こういった話は、物件投資をする上で参考になりますね。